スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WoD変更点 Resto Druid編(2)

2014.11.18.Tue.20:05
変更点の続き。


スペルの効果の修正
WoD後、いくつかのアビリティの効果が一部または大幅に修正されたので、PvP視点でResto Druidのスペル変更について書きます。

・Soul of the Forest
PvPではこのタレントの変化が一番影響が大きい。以前はSoul of the Forestのバフが入っている状態ではRevive以外の全てのスペルのキャストスピード&効果速度が100%上昇し、キャストタイム1.5秒のサイクロンが0.8秒になったりRejuvnationのTickを二倍にしたりと非常に強力なものでした。WoDではSoul of the Forest中の効果がHealing Touchのキャスト速度上昇もしくはRejuvnation、Regrowth、Wild Growthのヒール量上昇のみに限られてしまったのでPvPではかなりの弱体化。個人的にはこれを使うよりはIncarnation Treeのタレントを取った方がいいと思います。

・Lifebloom
最大3回までスタック可能だったので以前は3GCDかけてフルスタックさせる必要があったが、WoDの導入でスタックしなくなり、そのかわり単独でのヒール量も上昇した。効果が切れたときの回復量も以前のLifebloomが3スタックした時とほぼ変わらないので、ディスペルを連打する相手にこれを連打すると爆発的に回復するようになった。この変化でLifebloomに多くのGCDを費やさなくてよくなったのは大きい。

・Cenarion Ward
以前はサイレンスされようがLockoutされようがキャストできたスペル。今はサイレンス中、Lockout中共に使用する事ができない。その代わりなのか、ヒール量は以前より上昇している印象でかなりの量のHealthを回復できるので、以前よりアビリティとしての重要性が上がっている。回復量葉大きいのだが、かけた相手がダメージを受け0.5~1秒ぐらいしてからTickが始まるので瀕死の相手に使っても効果が出る前に相手が死んでしまう時が割とある。CDも30秒なので早めに使った方がいいです。

・Ironbark
新たに追加されたEmpowered Ironbarkの効果によって、Ironbark効果中のターゲットへのHealing効果が20%上昇するようになった。そのかわり、MoPまでの4set効果によって30秒に下げられていたCD間隔はこれからは1分に戻ってしまうので以前のように頻繁には使えない。Resto Druidのサバイバルスキルも大分減らされてしまったのであまり適当に使うとすぐに自分にスワップされて危ないと思います。ちなみにこのスペルはサイレンス中でも使えます(Lockoutは無理)。

・Wild Mushroom
MoPではAoEによって周囲をヒールすると同時にRejuvneationによるオーバーヒールを蓄えて、Wild Mushroom Detonateによって蓄えた分のヒールを発動する事が可能でしたが、WoDではDetonateに関する効果は全て廃止され、ただの設置型AoEヒールとなりました。以前はMight of Ursocなどに加えて緊急手段として使える大ヒールとして活躍していたのでこれの廃止はかなり大きい。この影響もあって現在のResto Druidは突然のスワップなどにかなり弱く感じます(緊急にhealthを回復させる手段が少ないため)。

・Incarnation Tree
変身中に強化されるスペルのうちLifebloomが除外され、代わりにRejuvenationが強化されるようになった。強化内容はRejuvenationのHeal力50%アップ&マナコスト50%減だそうです。ちなみに今シーズンからはDoT及びHoTの威力は「スペルをかけた時の威力が効果終了まで継続される」ではなく「現在の自分の状態から威力が算出される」という仕組みに変わったので、Treeになった時点で味方にかかっているRejuvenationの威力は上がります。よって変身後のRejuvenationのかけなおしは不要。

・Healing Touch
MoPではファストヒールのRegrowth、ロングキャストヒールのHealing Touch、チープヒールのNourishという具合に分類されていたヒールがRegrowthとHealing Touchのみにまとめられた。PvPではキャストの早さの都合上ほとんどがRegrowthとなり、これはMoP以前と特に変化なし。しかしHealing Touchにも新たに効果が追加され、Lifebloomの入っているターゲットにキャストした際のCrit率に20%が加算されるようになった。Healing TouchがCritした際のヒール量は非常に大きいのでもし余裕があるのならBloomを入れてHealing Touchのキャストを狙った方が良さそう。

・Tranquility
MoPではSoul of the ForestのHasteと組み合わせて使う事で非常に大きな力を発揮していたスペル。しかしSoul of the Forestのキャスト速度上昇が無くなってしまったのでPvPでは以前ほど頼れるスペルではなくなりました。また、MoPまではダイレクトヒール+HoTという効果だったのがHoTの効果が無くなりダイレクトヒールのみになりました。このスペルはWoDになってから大分使いづらくなってしまったと思います。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。